P頭頚の姿勢
正しい頭頚の姿勢は、頚から股にかけての筋肉が一体となり、馬体全体が大きく伸縮するために、
収縮、瞬発力が大きく、全ての運動において能力を十分に発揮出来るが(写@)(写A、頭頚の高い
馬は、背を張るために腰の位置が高く、前駆と後駆が分割され、馬体の収縮が得られず(写B)、又、
巻き込んだ頭頚は頚の上部で折れ推進が銜に伝わらず、両姿勢ともに大きな欠点となります。
正しい頭頚の姿勢
高い頭頚の姿勢
・頭頚の高い姿勢は背
 が凹になり、脚で推進
 をしても背、腰で途絶
 えて銜に伝わらず、後
 肢の踏み込み、馬体
 の収縮、後駆の低下
 が得られず、肩甲骨
 の傾斜が立ったまま
 で肩の動き、前肢の
 上がりが悪く歩幅が
 狭くなる(写B)。
馬の銜受けは手綱の方向と反対の方に
銜を受ける(銜を持って行く)。
・線の位置で拳を静定すると(写D)、馬
 は点線の方向に銜を受ける。
注)マルタンガールを短くして手綱を引く
 と、馬は銜受けの性質上いっそう頭を
 上げる(写E)。
・正しい頭頚の姿勢は、(写
 C点線)項(ウナジ)が一番
 高く、鼻梁(鼻柱)が垂直よ
 りも少し前に出て、推進す
 ることにより銜を受け、後
 肢が重心の下まで踏み込
 み
後駆を収縮低下する
 ために、肩甲骨が前上方
 に押し上げられ歩幅が伸
 びる。
脚による推進
注)巻き込んだ姿勢において、調教等の場合、頚の付け根が低く頚全体が下がっているときは、多少の巻き込みは支障が無い。
(写@)
(写B)
(写A)
(写C)
(写E)
(写D)
目 次
ホーム
頭頚を下げる銜受け
*銜受けの性質
1.頭頚の高い馬は、銜受けの性質を利用して、拳を頭に近
 づけ軽く銜を受け静定する。この時、手綱を引き上げると
 逆に頭が高くなるので注意する。
2.脚による強い推進を与える。(脚による推進がないと下が
 りません)
3.馬は手綱と反対の方向に銜を受ける(頭を下げる)
ポイントは、拳の位置と制定する拳、脚の推進で、習得すると補助道具(折り返し手綱等)が無くても簡単に馬の頭頚を下げることが出来るので、身に付けると大いに役立つと思います。正しい姿勢で調教された馬は、頚の上部の筋肉が発達し、頭頚の高い姿勢の馬は頚の下側が発達します。
巻き込んだ姿勢
頭頚が高く、鼻梁が垂直より後ろに来る姿勢は(赤い実線)、頚の上部が折れるため、脚による推進が頚で途絶え、銜に伝わらない(カラ銜になる)。
(写F)
巻き込み
ホーム
目 次

Copyright (C) 2014 st.george co., Ltd. All Rights Reserved.