姿  勢  
@上   体

・頭は、アゴを出すことなく真直ぐに保つ。
  アゴを出すと背・腰が丸くなり、腰が引けて馬の反動で騎座
 が後方に跳ね上がる(図 1)。また、アゴを引きすぎると背が硬
 く、柔軟性に欠けて馬の反動を吸収することが出来ず、身体の
 バランスが悪くなり随伴(馬の動きに着いていくこと)出来ない。

・視線は、下を見ることなく目と同じ高さで、馬の耳と耳の間か
 ら進行方向を見る。下を見ると頭が前に傾き、上体は前傾し、
 騎座は後方にずれ、脚は前方に出易い。

・上体は、緊張させることなく背を真直ぐ伸ばし、肩を落とした
 状態で胸を張る。
  胸を張り、緊張することなく肩先を身体の真横に置き(図 2)、
 腕や拳が前後に動き易い姿勢をとる。背を丸くし肩先が前に出
 ると(図 4)腕や拳は斜めに動き易いが、馬の操作に必要な前後
 の動きにはスムーズに動かない。
  腕、拳を前後に動かし易くするには、肩を落とし胸を張り、
 左右の肩甲骨を背でつけるような感覚で乗ると、肩先が身体の
 真横にきて肩の動く範囲が広くなる。

・背、腰は、丸めることなく(写 1)背骨を真直ぐ上に伸ばす。
  背を伸ばして乗ることにより重心が反動の度に前方に移動す
 る。背や腰を丸めると(図 1)腰が引け、鞍の正しい位置より後
 方に座わるようになる。その結果、脚が前に出て重心が後方に
 はね上がり、馬の反動を正しく吸収することができない。
   馬は前へ、身体は後にという状態になる。

・上腕は、肩や肘の関節を柔軟にし、肘を開いたり、わき腹を締
 め付けることなく自然に垂らす。
  肘は、肘、拳、銜が一直線になるように角度を決めると、肘
 や拳の位置、高さも自然に決まってくる。肘の角度は伸ばすよ
 りも曲げたほうが、肩や肘の関節が自由に動きやすい。
  特に注意することは肘を開いて乗ることで(脇が甘い)、肘を
 開くと背、腰が丸くなり、アゴが出て反応が鈍くなる。他のス
 ポーツをみても肘を開いて行う種目は見当たらない。

・手首は、柔軟を保ちながら伸ばし、親指の爪が上を向くように
 して指の第二関節を向かい合わせる。

・手綱の握り方は、卵を手の中で軽く握るような感覚で指を曲げ、
 指の外側は小指から人差し指まで関節をきれいに揃え、おおむ
 ね垂直に保つ。
  手綱の滑りを防ぐために人差し指の第二関節の上に手綱を置
 き、親指を逆に反らすことなく親指の腹でかるく押える。手綱
 の握り方で注意することは、手綱の滑りを防ぐため、小指と薬
 指で手綱を強く挟さんで握り締めない。
  特に、小指、薬指、中指の三本は、銜や手綱を介して馬の口
 とのコンタクトをとるため、常に柔軟な拳を保つ必要がある。
 前進はもちろんのこと、停止、後退も同じ力で強く握り締めな
 い。指に力をいれて握り締めると、馬の口に硬く、また、強く
 あたるため、馬は口が痛くて反抗したり、銜に突進する等、上
 手くコンタクト出来ない。また、上体のバランスが悪く手綱に
 しがみつく等、拳の硬さは、騎手にとって致命的な欠点になる
 ので、特に注意しましょう。

・拳の高さは上腕の長さ等、各個人の体形によつて多少違って来
 ます。大切なことは肘・拳・銜が一直線になり、肘、手首の各
 関節がスムーズに動き、自分に合った操作し易い肘の角度を保
 つことです。

・腕の外側は肘から指の第三関節まで真直ぐに(図 2)、腕の下側
 は肘から指までおおむね真直ぐに保つ(図 3)。

・障害飛越等、腕の操作が大きいときには肩や肘の関節を、馬場
 馬術等、ち密な操作には手首や指を主として使います。

正しい姿勢
(写 1)
(図 1)
肩先が前に出ると(背が丸い猫背の状態)肩・肘の関節は斜めに動き易いが、馬の操作に必要な前後の動きにはスムーズさに欠け、手綱の動く方向と肩の動きが合っていない。
   (図 2)
正しい肩の位置は、肩や肘が前後に動き易く、手綱の動く方向と一致する。
姿  勢  
A騎座・脚

*騎座 腰からした膝まで  騎座は身体のバランス
を取り、重心を移動させて馬の動きを助ける。

*脚   膝から下
 脚は馬を直接動かすための大切な部分。

・騎座は、両坐骨に等しく体重を掛け、身体全体の
 バランスをとる。
  騎手の身体は、バランスのみで支えるものであ
 り、手でつかまる、膝を締める等、決して身体の
 バランスを支えるために手や肢を使ってはならな
 い。手、肢は馬を操作する道具(扶助)であって身
 体を支えるものではない。手肢で身体を支えると
 馬を操作する扶助が使えなくなる。

・膝は、締めることなく自然にし、脚は前から見ておおむね垂直を保ち(図 5)、足の中心に
 体重を(鐙と踵に均等)にかける。
  体重はツマ先でなく、足の中心にかけると踵、膝の位置が低くなり、人の重心も下がり
 バランスが安定する。また、フクラハギは膝をを締めなくとも体重の重みで馬体に密着し、
 自然に締まる(図 7)。
  膝を締めると馬体が円形のために身体全体が浮き上がり、膝から下が馬体から離れ、前
 後左右に振れやすい(図 9)。

・踵は、姿勢にかかわらず尻の下。
  馬場、障害、競馬の姿勢等、鐙の長さにかかわらず、人の重心の下に一番バランスの取
 れる足の中心を置くと、自然に尻の下に踵が来る (図6)。 (注)足の位置が少しずれても
 膝、踵で馬の反動を吸収し、馬の重心と一致すれば支障はない。それよりも姿勢にとらわ
 れ過ぎ、身体に力が入って硬くする方が、馬の背、腰を圧迫し、馬に取っては負担が大き
 い。

・各関節は、固定することなく柔軟にする。
  特に膝の関節が固定されると騎座、脚はもとより、身体全体が硬くなり、柔軟な身体の
 動きが妨げられる。

・踵は、常に下に沈む余裕を持たせておく。
  踵の関節は、反動を受けるたびに下がり、反動を吸収する大切な働きをしています。そ
 の踵に、下がる余裕がないと反動を吸収することが出来ず、受けた反動が上に跳ね返る。
 (図 1)。

・踵は、親指(鐙の踏む面)より下がっている。
 (鐙上げのときは脚の力を抜くためにつま先は自然に下がる)

・踵は、下げ過ぎると脚が前に出過ぎる。
 踵に体重をかけ過ぎると脚が前出し、騎座が後方にずれ易すく、
 膝、踵の関節が窮屈になり、反動を吸収することが出来ない。修
 正するには、膝にも踵と同様に体重を少しかけ、膝の位置を前下
 方に移動する。

・鐙は、足の幅の一番広い部分で踏む。
  親指の付け根(母指球)と小指の付け根(小指球)で踏み、体重は鐙
 (母指球、子指球)と踵の両方にかける。

・ツマ先は、自然に開く。
  脚を、膝と踵の関節を捻ることなく自然に垂らすと、脚は垂直
 に保ち、足の向き(ツマ先の角度)は、膝から股関節の線におおむ
 ね平行となり(図8)、ツマ先は自然に20〜30°開く。
  ツマ先を前に向けると(馬体に平行)、股、膝、踵の関節が窮屈
 に固定され、柔軟性が失われ易く、馬の反動を吸収しにくい。ま
 た、ツマ先を前に向けることにより脚(特にフクラハギ)が馬体か
 ら離れ膝が締まり易すくなる(図 9)。
  膝が締まると、その結果→脚(特にフクラハギ)が馬体から離れ
 る。→脚を通して感じ取る馬体の動きが感じ取れない。→馬に対
 する反応が鈍くなる。→ 脚が馬体と離れているため操作(扶助)を
 大きく動かさないと騎手の意思が馬に伝わりにくい。→ 操作が大
 きいとバランスが崩れ易い。→膝を締める。という悪循環を繰り
 返す。 

(注)拍車を着けた場合、子供等、鐙の短いときは無意識に馬の腹を
圧迫し易すいため、非常に危険をともなうのでツマ先を前を向ける
か、拍車を外して乗る。          
腕を横から見た姿勢
目 次
ホーム
(図 4)
(図 3)

は反動がはね返る方向
重心
  (図 8)
膝と踵は垂直、膝から股関節、ツマ先から踵はおおむね平行を保つ。
    (図 9)
膝を締め、ツマ先を前に向けた姿勢は、膝より下が馬体から離れ、脚が前後左右に振れ易く、バランスが不安定。また、膝を締めると重心が浮き上る。
は反動を吸収する方向
    (図 5)
馬体に接する部分が多くバランスが良い
   (図 6)
騎手の重心は足の中心を通る
    (図 7)
踵に体重をかけるとフクラハギ、フトモモの内側が自然に密着する
膝の位置
ホーム
目 次
重心

Copyright (C) 2014 st.george co., Ltd. All Rights Reserved.