F軽速歩

速歩運動の際、人馬の疲労を軽減する騎乗方法。
速歩運動は2節(右前肢と左後肢、左前肢と右後肢を同時に動かす)で歩き、他の歩法にくらべて
反動が高いため、馬の肢の動き合わせて一歩おきに上体を上げ、馬の反動を吸収して乗る方法。
上体を上下に動かすためにバランスが不安定で拳が振れ易く、人馬共に楽な乗り方であるが正し
い軽速歩は難しい。
・軽速歩には、右軽速歩と左軽速歩ある。
 馬が回転するとき、遠心力により外方の肢に体重が多くかかる。また、前肢に体重の2/3程度か
 かり、最も体重のかかる外方前肢の負担を軽くするため、外方の前肢が着地したときに人は鞍
 から尻を上げ、外方前肢の負担を軽くする。右軽速歩は、左手前で行進中に右前肢が上がった
 ときに尻を着く。左軽速歩は、その反対(国により呼び方が異なる場合がある)
・上体(重心)は真直ぐ前にあげる。
 上体を上げるとき、右利きの人は右鐙に偏って体重をかけ易く、
 必ず左右の鐙に均しく体重をかけないと、上体は斜め前方に上がり
 バランスが崩れる。
・股関節、膝、踵の関節は柔軟に。
 上体を上げるとき、膝、踵の関節を柔軟にすると、体重で膝、
 踵が下がり、尻は鞍から上がるが重心は差ほど高くならず、バランス
 も安定する。膝、踵を硬く固定すると、上体が高く上がりバランスが不
 安定になる。
・体重は鐙と踵に均等にかける。
 鐙(ツマ先)だけに全体重をかけ脚に力を入れて身体を持ち上げるの
 ではなく、脚全体の力を抜き(特に踵の関節)、体重の重みで膝、踵が
 下がると同時に馬の反動を利用して上体を前方に少し上げる。このと
 き踵だけに体重をかけると脚が前出し腰が後引ける。
・尻は低くゆっくりと上げる。
 軽速歩は、尻が鞍から離れた瞬間から馬の背、腰の負担が軽減され
 るため、尻を高く上げても低くても馬にとっては同じであり、後は人の
 バランスと柔軟性の問題である。軽速歩で尻を高く速く上げるのと、
 低くゆっくり上げるのと、そのテンポは同じであるが、上体を大きく動
 かすと重心の動揺が大きく、バランスが不安定になり、また、尻を高く
 上げるためには、脚に強い力を入れ身体を持ち上げなければならず
 余計な力が必要となる。低くゆっくり上げることは難しいが、馬にとって
 は、馬上の人のバランスも安定し、尻が鞍に着くときの衝撃も小さく、
 馬の背、腰の負担も少なく、馬にとって優しい乗り方である。
・上体を上げた状態でもバランスの取れた姿勢を取る。
 上体が最も高いポイントにおいて、身体全体のバランスが取れていな
 いと、手や脚で身体を支える結果となり、馬につかまらないと上体のバ
 ランスを保つことが出来ない。
・拳は上体の動きに影響されることなく静定する。
 上体を上げると、拳が身体と一緒に動き、振れ易くなるが、拳は上体の動きにかかわらず
 振れたり、動かしたりせずに静定する。拳が振れるとバランスはもちろんこと、銜を通して
 馬をコントロールすることが出来ない。拳を静定したまま上体を上げるには、背を伸ばして
 胸を張り
、肩、肘の関節を柔軟にして、左右の肘の間を腹が前に通り過ぎる感じで上体を
 上げる
と、拳の振れは防げ静定する。また、上体の角度を変えないほうが姿勢は美しく見
 える。

・速歩跛行(はこう)【ビッコ】
 軽速歩は、同じ側の軽速歩ばかり取ると、左右の筋肉の発達が異り、跛行でなくとも歩様
 が左右で異った歩き方をするようになり、これを軽速歩跛行と言う。軽速歩は走る手
 前により必ず変換を行う。
・軽速歩は人の性格がよく現れる。
 人が忙しなく軽速歩をとると、馬は人の気配を感じ取り、歩幅の短いゆとりのない歩様になる。
 また、人は馬のペースに影響されることなく、ゆったりと余裕のある軽速歩を取ると、馬も歩幅の
 大きなゆとりのある歩様になる。 

      (写 7)
上体を上げた状態においてもバランスを保つ。
ホームへ
目次へ
目次へ
ホームへ