H駈歩発進                                  
駈歩発進には「内方発進」と「外方発進」があり内方発進、外方発進とも馬体が斜め、又は、後躯
を振って発進しなければ、どちらでもよく、両発進とも身につけ、時と場合により使い分ける。どち
らかといえば外方発進は障害飛越に、内方発進は馬場馬術に向いている。
*外方発進の長・短所
 ・駈歩発進が容易。
 ・発進の瞬間に後躯が内方に振れ易い。
 ・調教していない馬でも容易に指示する手前で発進できる。     
*内方発進の長・短所
 ・直線上の発進でも後躯が振れにくい。
 ・内方発進の調教を行わないと指示する手前がでにくい。

内方脚
・脚(フクラハギ、又は踵)にて軽く圧す。
注)馬の反応をみて強弱の加減をする。
外方手綱
・静定し、指、拳に力をいれず動かさない。
注)引かない、弛めない、輪線上では内方手綱を操作すると、外方手綱が必然的に強く張り、圧す効果が自ら生まれる。
外方脚
・定位置よりやゝ後方に置いて、フクラハギで軽く触る。
注)後躯が外方に逃げないように操作し、後躯が外に逃げたときのみ軽く圧し、後躯を元に戻す。後躯が外に逃げないときは脚を働かせない)
・黒字 操作方法
赤字 注意点
・数字 操作は同時に行うが初心
 者用に操作の順序を示す。
内方手綱
・手首(指に力を入れないで)を軽く
 曲げる。
・初心者は指に力を入れないで手
 綱を軽く引く。
いずれかの一つを操作する。
注)ブレーキがかからないように操作する
内方手綱
・手首(指に力を入れないで)を軽く
 曲げる
・初心者は指に力を入れないで手
 綱を軽く引く。
いずれかの一つを操作する
注)ブレーキがかからないように操作する
外方脚
脚(フクラハギ、又は踵)にて軽く圧す。
注)馬の反応をみて強弱の加減をする。
内方脚
後躯が内方に入らないようフクラハギでに軽く触れる
注)後躯が内に入ったときのみ軽く圧し、後躯を元に戻す。後躯が内に入らないときは脚を働かせない)
*外方発進(馬体は真直ぐに発進するが、初心者は輪線上にて行う方が容易に発進できる)
*内方発進 (馬体は真直ぐに発進するが、初心者は輪線上にて行う方が容易に発進できる。
1
2
(輪線上での発進)
(輪線上での発進)
1
2
外方手綱
・静定し、指、拳に力をいれず動かさない。
注)引かない、弛めない、輪線上では内方手綱を操作すると、外方手綱が必然的に強く張り、圧す効果が自ら生まれる。
ホーム
目 次
目 次
ホーム

Copyright (C) 2014 st.george co., Ltd. All Rights Reserved.