F駈歩姿勢
駈歩は、歩法が3節で左駈歩は@右後肢A左後肢と右前肢B左前肢(右駈歩は、その反対)と肢を運び、 馬体を跳躍させて走る。また、速度が遅い場合には(図12)のように馬の体重が右後肢から左前肢に移る際、斜めに重心が移動し易いために、騎手の身体は上下、斜めに振れ易い。
・上体の姿勢を維持するには、股関節の角度が常に変化する。
馬体は常に収縮、跳躍を繰り返えすために騎手の上体は大きく跳ね上が
り、又、腰が引け易すいために、騎手自身も絶えずバランスを取る必要が
ある。騎手の姿勢を維持するには、股関節を柔軟にし、股関節を中心にし
て上体と膝の角度を開閉させる必要がある(写10、11赤線)。
・騎手の坐骨は、馬の動きに合わせて鞍にあたる部分が変わる。
馬は駈歩運動の際、鞍の前と後で常に上下に波打つように動いている。
騎手は、この鞍の動きに対応して上体を常に垂直に保つには、座る部位
を常に変化させる必要があり、この動きに対応することが出来ないと、尻
は鞍を離れて大きく跳ね上がり、鞍を打ちつける。初心者で尻が跳ね上
がるときは、 股関節を柔軟にして、鞍の座る位置を変えることなくヘソが
絶えず身体の一番前にあるようにして、ブランコをこぐような感覚で乗ると、
尻の跳ね上がりは防げる。
・手綱の張りを一定に保ち馬をコントロールするには、肩、肘の角度が常に変化する。
馬は駈歩運動の際、頭頚(銜)を常に前後、上下に動かしバランスを取りながら走るため、騎手は手綱が弛まないように、肩、肘の関節を柔軟にして、その角度を変える必要がある(写10.11青線)。馬が前後に収縮したときは、頭頚が上がり銜が上体に近ずくために手綱が弛み易すく(写11青線)、また、馬体が伸び頭頚(銜)を前に伸ばすときは(写10青線)手綱を引っ張りブーキをかけ易い。手綱の張りを一定に保ち頭頚(銜)の動きを妨げないうにするには、肩、肘の関節を柔軟にするしか方法がない。特に注意することは、頭頚を前に伸ばしたとき、拳を自分の意思で前に出すと銜が弛み易すいので、拳は手綱に引かれるまま自然に前に出て行く感覚で乗るとよい。
・脚は、体重を足の中心にかけ、フクラハギを馬体に密着させて脚の振れを防ぐ。
 (図 12)
低速度による左駈歩は、馬の体重移動に合わせて騎手の身体も斜めに振れ易い
B A


A @
         左全肢             右前肢     左後肢   右後肢       
           B                 A        A      @
・肢の運びにより肩、肘と股関節の角度が常に変化し、股関節が開くときに肘が狭く(写11)、股関節が狭いときに肘が開く(写10)
全 肢
空 中
 (写11)              (写10)      (写9)                (写 8)  
肢の運び
ホームへ
ホームへ
目次へ
目次へ
左駈歩
肘関節の角度

股関節の角度

馬背の動き

Copyright (C) 2014 st.george co., Ltd. All Rights Reserved.