I内方姿勢(回転)
内方姿勢は、回転、隅角通過等の際に、馬体を輪線上(弧)に合わせて重心を内方に移し、遠心
力に対応した回転運動の姿勢です。正しい回転は初心者の運動のなかでも特に難しく、両手、両
足、重心の移動と五つの操作を同時に、別々の方向に行う必要があり、一つでも欠けたりタイミン
グが合わないと正しい円(弧)を描くことが出来ません。回転は、直進運動と違い馬体を湾曲させる
させるため、馬体に抵抗ができ、スピードが自然に遅くなります。直進運動と同じスピードで回転運
動を行うには、回転運動中は必ず脚による推進が必要で、この推進が無いと回転の後半にスピー
ドが落ち、肩から外に逃げたり、内方姿勢がとれずに近回りし易すくなります。初心者が回転運動
で心がけることは、姿勢を維持し馬をコントロールするのは外方手綱、 外方脚が主で、推進と方
向を指示するのは内方手綱、内方脚を主として操作します。直線運動のように遠心力が掛からな
いときは左右の銜受けは同じ強さで受けるが、スピードがあり遠心力の強い回転は、外方手綱の
銜受けをやゝ強めにするとよいでしょう又、新馬調教、障害走行、競馬等では反対姿勢で回転す
る場合もあります。

重心を斜
め前方に
移動



綱、


















る。
両肩を結ぶ青線は馬の両肩を
結ぶ線(初心者は円の中心の方が判断し易い)に合わせる。
・ポイント
・騎手の肩の向きは、多少の誤差では操作に
 それほど影響なく、最も影響を与えるのが外
 方拳の前出
(外方手綱の弛み)です。
*内方脚  圧迫、推進
・ポイント馬を推進するとともに、脚(フクラハ
 ギ)にて軽く圧し、馬が内方に入り、姿勢が
 真直ぐになるのを防ぎ、馬体の湾曲を維
 持する。
赤字  注意点
*内方手綱
・手首、指に力を入れないで拳を水平に内方に
 曲げる。
・初心者、又は、回転できない馬、調教等には手
 綱を開く。
・障害飛越等で前進気勢の旺盛なときは、指に
 力を入れないで手綱を控え、又は、軽く引く。
以上のいずれか一つを操作し、馬の頭頚
を内方に向ける。
・ポイント
・指に力を入れたり、手綱を引っ張る等してブレ
ーキがかからないように操作する。
頭頚の湾曲が決まったら拳を必ず止め、引き続
 けない
。 引き続けると正しい円(弧)が描けない。
・拳は赤い点線の範囲で操作し、点線より後ろにく
 るとブレーキが掛かる。
・回転する大きさにより、手綱の操作を加減する。
・新馬、口向き(銜受け)が悪く回転できない馬等
 は、断続的に操作する。
*外方手綱
静定(引かない、弛めない)
遠心力による馬体のふくらみ、または馬が外方に逃げるのを防ぎ、馬体の湾曲に伴う頭頚の姿勢を維持する
・ポイント
・馬が頚、肩から外に逃げるのは、その大半
 が騎手の外方の肩が前出し、外方手綱の
 弛みからくる
もので、回転運動で最も注意す
  る操作です。
  ・頭頚を湾曲させると自然に外方手綱が強
    く張り、拳を静定していても圧す効果が
      生まれ自ら圧す必要はない。回転
        運動が上手に出来るか否かは
         外方手綱の静定する拳の操作
          にかかつており、圧し過ぎて
            拳がタテガミを越えると、
            馬体の湾曲が取れ、ブレ
            ーキが掛かり、反対姿勢
            になり易く正しい円(弧)が
            描けない。
目 次
ホーム
*外方脚  定位置よりやゝ
 後方にて、フクラハギ、又
 は、踵で軽く触れ、後躯が
 外方に逃げないように圧
 迫し、又、推進する。
・ポイント
・外方脚が弛み、後躯が外
 に逃げたときのみ馬体の
 湾曲を圧し戻す。後躯が
 外に逃げないときは、軽
 い推進を継続する。
*騎座  騎手の重心を内方に移す。
・ポイント
・回転運動は、馬自身も遠心力に対応するため重心を内方に移動しており、騎手は、馬の重心
 より自分自身の重心を内方に移動しなければ、馬はバランスを崩す。
・重心を内方に移動するには、座る位置を変えることなく、外方よりも内方の踵と内方の坐骨に
 体重を多くかける

・重心の移動範囲は、馬のスピード等により異なります。。
ホーム
目 次

Copyright (C) 2014 st.george co., Ltd. All Rights Reserved.