ホーム NANO
 クラブ紹介
 指 導
 アクセス
 料金表
 アニマルドリンカー
 乗馬の基本
・「指導要領」は、約20年にわたりJRA馬事公苑でプロになる騎手候補生
 を指導するために書き留めて置いたメモと、乗馬クラブにおいて約20年
 間アマチュアの生徒を教えた経験を基に書いたものです。

  プロになる生徒とアマチュアの選手とは、同じ様に教えることは出来ま
 せんが、多少なりとも指導者の役に立てば良いと思います。
 
  ブロになる騎手の生徒は4月に入学し、軽乗、鐙あげでバランスを主と
 した練習で基本が身に着くまでしっかり教え、8月頃から障害、競走姿勢
 を始めます。良い練習馬のせいもありますが、11月には全員が1mから
 1m20cmの障害を飛べるまでに上達しています。
  
 オリンビックや競技を目指す人、短期間で上達したい生徒に向いています。


・一般のアマチュウアの指導は、乗馬は「楽しくなければ乗馬ではない」
 「楽しくなければ長続きしない」という気持ちで生徒に接し、指導に変化
 を持たせ、馬に乗るたびに新鮮な感覚を与えられように考慮する必要があ
 ります。
  乗馬は、体力や持久力等と異なり、「バランス」と「感覚」が大きなウ
 エイトを占めるスポーツです。ですから、体力の無い子供から高齢者、男
 女を問わず楽しめる数少ないスポーツですが、これが逆に長続きしない原
 因でもあります。

 「バランス」「感覚」の上達は、個人差もありますが一日や二日の練習で
 は身につかず、数多くの反復練習が必要です。大きな馬を自由に操る乗馬
 の持つ本来の楽しみを習得するまでに、ある程度の時間が掛かります。こ
 の時点まで導くのが指導者の最初の仕事で、この時点を通過することが出
 来れば「乗馬のとりこ」になるでしょう。

・初心者を指導している方、乗馬を指導しているが思うように上達してくれ
 ない方に参考になれば良い思います。





□現在、下書き校正中です。転送を速やかに行うため出来るだけ簡素
 に箇条書きにまとめて書いています。時間を見つけて不定期に連載し
 ます。

□ここに記載するものは、個人を除き許可なく使用を禁止します。
指導要領(下書き、校正中)

*生徒の心構え    @自ら学ぶ
          A判らないことは進んで質問する
          B礼節を重んじる
          C服装

*指導者の心構え   D生徒が自発的に行動するように指導する
          E生徒の気持ちを理解する
          F人馬の安全に心がける
          G生徒に手本を示す事が出来る技術を身につける
          H理論と実践
          I運動は正確に、注意は明りょうで肯定的に
          J訓練計画の作成と練習時間の配分
          K馬の能力を落さない
          L部班運動より各個騎乗
          M練習効果の喪失
          N指導者の服装
ホームページ タイトル
福 島   正

Copyright (C) 2014 st.george co., Ltd. All Rights Reserved.